帰国の日。

フライトは7:40ですが、一応5時には起床。
5時半に、呼んでもらったトゥクトゥクで空港に向かいます。

まだ夜も明けやらぬ街道沿いでは、托鉢中の僧侶の姿が。
00013945
今日のスケジュールは、この空港からバンコク経由で帰国するだけ。

楽しかったラオス弾丸旅行ともお別れです。
00013946


ラオス国営航空633便でバンコクへ


まだ、空港職員さえもほとんどいない早朝。
00013947
それでも、カウンターにはグランドスタッフがいてくれて、発券手続き。

ところが、発券されたのは、バンコクまでで、そのあとの羽田までのチケットは、バンコクのトランスファー・カウンターで発券して欲しいとのこと。そうですか。

バンコクでの乗り継ぎ時間は5時間以上あるし、大丈夫だろう。

それより気になるのは、荷物。
ダイレクトに羽田まで運んでくれるんだよね、と、何度も念を押してしまいました。

バゲージの控えの行き先がHNDとなっているので、こちらも大丈夫でしょう。

ほんの1週間前にロストバゲージにあった身。神経質になっています。
00013949
保安検査場も一番乗り。

私は、国際線への搭乗は、最低でもフライトの2時間前の原則は、絶対に崩しませんが、今日はそれをはじめて破り、1時間半前の空港入り。

それでも、一番乗り。

朝早すぎて、免税店やらお土産屋さんも、どこも開いてません。

フライト1時間前でよかったのかな。

いやいや、何かあったら大変なんだから、やっぱり大事をとって2時間前に来るべきでしょう。
00013948
7時ごろになって、ようやく小さな喫茶店がオープン。
00013950
ああ、旅してると、なんでこんなにお腹すくんだろう(笑)
トーストと、オムレツのアメリカンブレックファストに、パクつきます。
00013936
免税店も開き、搭乗客もチラホラ現れます。
00013935
バンコク行きは7:40。ビエンチャン行きも7:40。

そして、なぜか同じゲート。
00013951
「バンコクは?」「左側だ。」
間違えて、ビエンチャン行きに乗ったら、大変なことに。
00013952
入り口で、もう一回「バンコク行き」を確認します。
00013937
乗客は、ほとんどがタイ人、だったように思います。搭乗率は50%くらい。
00013938
ルアンパバーンの町にお別れ。ほんとに楽しい思い出をありがとう!
00013953
雲海の上に出て、バンコクを目指します。
00013954
おや、プロペラ機といえども国際線だから、機内食が配られはじめました。
00013939
何が入ってるのかな? 期待しちゃいます。
00013940
なんと、パンと水だけ・・・ ま、いっか。
箱裏には、ラオス国営航空の就航路線が描かれてました。
00013941
険しい山を越えて、機はタイ領空に入った模様。
00013955
隣席は空席。
窓の外が一面の雲海でも、ゆっくりくつろげます。
00013942
そして、もう何度目かになるバンコク・スワンナプーム国際空港に到着。
00013956
お世話になった、ラオス国営航空の尾翼。
00013944

MIRACLEラウンジでのひととき


さて、5時間のトランスファーです。ラウンジでくつろぎましょう。
00013957
その前に、トランスファーカウンターへ。
まだ、羽田行きの航空券をゲットしていません。

トランスファーカウンターはいくつもあって毎度迷うんですが、ANAはWEST1でよいとのこと。

しかし、受付がはじまるのは12時を過ぎてから。
00013958
では、それまで、近くのラウンジでゆっくりとしましょう。

いつも通り、スワンナプーム空港定番のMIRACLEラウンジですが、このG1ゲート付近のラウンジは、使うの初めてかな。
00013960
それにしても、プライオリティパスは、便利なパスです。

入るときに、ボーディングパスも見せるんですが、まだ発券されてないと言って、羽田までのバゲージチケットを見せると、入ることができました。
00013959
期待通りに酒も豊富。
フライトまで5時間近くあるんです。いただいちゃいましょう。
00013961
食べ物も、豊富といかないまでも種類はあります。
00013963
トランスファーカウンターが見える位置に陣とりました。
00013964
まずは、朝ごはん。
機内食はパン1個だけだったからね。
00013965
そして、往きのANA便で配られたつまみを肴に、自分のブログをいじりながら、ワインをいただきます。

なんて至福の時なんだろう(笑)
00013966
ワインを何杯もおかわりして、ほろ酔いになるうち、12時を過ぎました。

カウンターに行くと、ANAのベンチスタッフがいて、発券してくれました。
00013978

ゴージャスなオマーン航空ラウンジ



さて、チケットをいただいても、まだ2時間ぐらいあります。

どこか別のラウンジが、近くにないかな、と散策してると、目に留まったのがオマーン航空のラウンジ。
00013967
オマーン航空のラウンジは、プライオリティパスで入ることができると、どこかで聞いていました。

中に入ると、かすかに感じる中東の雰囲気。
00013981
バンコク時間と、マスカット時間。
00013975
料理はハラールなのかな?
00013971
焼き鳥のようなものもあります。
00013979
驚いたのがこれ。
イスラム教の国の航空会社ラウンジとは思えません。
00013980
しかし、私はさっきのMIRACLEラウンジで、ワインをしこたまいただいてほろ酔い。

レモンティにしておきます。wifiももちろんつながりますよ。
00013969
利用客のほとんどはアラブ人なのでしょうか。
00013974
それにして、思っていたより、ずっとゴージャス。御見それしました、オマーン航空。

私は、この夏に、オマーン航空を利用する予定です。楽しみになってきました。
00013970
利用客に酒をオーダーされて、給士の準備をするスタッフ。
(オーダーしたのは、アラブの大富豪? 使い走りにされてる女性スタッフが可哀そう・・)
00013973
食事までオーダーされちゃったのかな、と思いきや、そのまま控え室へ。
お昼ごはんだったんですね。
00013976
中東の空気をかすかに感じることができた、オマーン航空のラウンジでした。

やっぱり、ハブ空港は違いますね。


※成田空港は、いまだに夜間の飛行時間を1時間延長する程度のことで盛り上がってる。
千葉県人として、寂しい限り。もう、時すでに遅し、だろうけど、グローバルな時代なのに、誰かもっとリーダーシップとれないもんかね。
00013982

ANA878便 帰国フライト


ギリギリまでオマーン航空のラウンジにいたので、ANA便は、もう最終案内中。
00013983
定刻にフライトです。
スワンナプーム国際空港は、ターミナルを拡張中?
00013984
バンコクの空に舞い上がります。
考えてみれば、バンコクは、よく経由はするけど、実際に入国したのは2回だけ。

今度は、タイのいなか町を旅してみたいな。
00013985
タイの上空が雲海に覆われているのもいつも通り。
00013986
機がラオス上空に入る頃。
00013987
飲み物とおつまみが配られます。
00013993
機内食は、和食をオーダー。おいしいサーモンでした。
00013994
うまい具合に、雲が切れました。

音楽を聴きながら、ラオスの大地とメコン川を見下ろします。

3泊4日の弾丸だったけど、本当に楽しいラオス旅行でした。
00013988
ベトナム・ダナンの街を見下ろし、南シナ海に出ます。
00013990
そして見事な夕焼け。
00013991
今回の旅も、無事に終えることができました。
旅の神様に感謝です。


※最後までお読みいただきありがとうございました。