さて、ホテルに戻り、一休みすると、日差しが照りつけていました。
00013834
太陽が出れば出たで、たぶん暑くなるんでしょうが、夕陽も見れるかもしれません。

ルアンパバーンでの滞在は、あと半日。さあ、出かけましょう。


いつも通り、ホテル前のインタソム通りを南へ。
00013835
左に折れれば、シーサワンウォン通り。
この交差点を、今度はまっすぐ歩きます。
00013836
途中で左に折れます。おお、プーシーが光ってますね。
今日なんか、プーシーからの夕陽は最高だろうな。
00013838
でまた、今度は右に折れます。
00013839
知らない町を歩くのって、ほんとに楽しい。
00013840

ワット・アーム


とか何とか言いながら、点在する寺院を目当てに歩いていました。
地図によると、ワット・アーム?
00013841
00013842

ワット・ビスンナラート


ワット・アームの隣にあるのが、ワット・ビスンナラート(らしい・・)。

というのも、「地球の歩き方」に載っている、スイカを半分に割ったような仏塔というのが見つからない。

ひょっとして、これが宝が埋め込まれていたというタート・パトゥムなんだろうか?

それにしてもカラーリングが違いすぎる。修復したとか・・・


境内に、ほかに見当たらないし。正直、解明できておりません。
00013843
でも、こちらは、ワット・ビスンナラートの建物みたい。
多くの方のブログでも紹介されています。
00013846
旧市街から出ると(ここも旧市街かもしれませんが・・)、とたんに観光客がいなくなります。
00013845
ほんとに誰もいなくなる。おかげで、のんびり見学できます。
00013848
これは鐘?
00013849
あ、また見かけました、このポーズ。プーシーの上にもいたんだよね。
00013850
ワット・ビスンナラートを出て、今度はワット・マノーロムを訪れましょう。
これは、2つの寺院を結ぶマノーマイ通り。
00013852
交差点は、信号でなくロータリー。
私も、せっかちな人間なので、信号待ちの時間がなくなるロータリー賛成派です。
00013853

ワット・マノーロム


なんか、すごく立派じゃないですか。
00013855
かつては、6mの高さの仏像が据え置かれていたらしいですが、ホー族によって破壊されたとのこと。
00013857
仏教の世界を描いているらしいです。
00013858
僧侶さんのお洗濯。
00013859
子供が境内で遊ぶ光景は微笑ましい。
00013860

ワット・タートルアン


ワット・マノーロムから、少し西にいったところにあるワット・タートルアン。
00013861
本堂はシンプルな造りですが、
00013862
仏塔は、タートルアンの名前だけあって、ビエンチャンで見たのとそっくり。
00013863
壮観です。
00013865
こういう光景を見ると、子供の頃、絵本で見た「かさ地蔵」を思い出しちゃうんだよな・・・
00013867
本堂の反対側にも仏塔がありました。

そして、この仏塔を眺めながら、ベンチに座って、しばしの休憩。

太陽が照りつけて、けっこう暑いんです。

それに、これから、最後の寺院見学スポット「ワット・パバートタイ」に向うんですが、そこは、メコン川の夕日が見られるスポットでもあるんです。

汗を乾かす休憩を兼ねて、日の入りの時刻に合わせる時間調整です。
00013866

さて、頃合いを見計らって、チャオファーグム通りを西に歩きます。
チャオファーグム通りとは、シーサワンウォン通りの延長上の通りです。
00013868
途中、バザールがありました。
00013869
まだ日も高いし、これからですか。
00013871
さらに進むと、公園の入り口に。
00013872
地図によると、カイソーン元国家主席の記念塔とのこと。
00013873
まわりは公園になっています。
00013874
メコン川を眺める2人。
やっぱり、このシーサワンウォン通り~チャオファーグム通り沿いでないと、観光客は来ないのかな。
00013876
ちなみに、この公園内は、エクササイズに励む欧米人がけっこういました。
長期滞在だからそうなるのか、それとも旅行中でもエクササイズを欠かさない習性なのか。
00013878
さて、目指すワット・パバートタイは、この公園のすぐ横です。
00013880

ワット・パバートタイの裏展望台から眺めるメコン川の落陽


ここですね。
00013881
この寺院は、ラオスでは珍しいベトナム様式。たしかに、入り口のデザインも違います。
00013910
門をくぐれば、私の目には、同じ寺院に見えてしまう、知識のなさ・・・
00013883
入場料がかかりました。10,000キープです。
00013884
一生懸命、どの変が違うのかな、と観察します。
たしかに、三角屋根はないけど。
00013885
珍しい植物。
00013886
でも、このワット・パバートタイの見どころは、寺の裏庭から眺めるメコン川でしょう。
00013888
青い空に、茶色いメコン川。
00013889
コーヒー牛乳が、夕陽を浴びて、チョコレートと化したようです。
00013890
いままで、どんよりした天気が続いてましたが、澄み渡った空とメコン川の組み合わせもまたいい。
00013892
夕陽のスポットとして、有名のようですね。
00013893
あと20分ほどで日の入り。
00013895
固唾をのんで、夕陽を眺め続けます。
00013896
夕陽というのは、ほんとに綺麗なものですね。
00013899
山の稜線の向こうに、赤い太陽が沈みました。
00013903
00013904
メコン川の落陽でした。
00013906
見事な落陽に見とれる観光客。
00013909

いやあ、ルアンパバーン滞在最後に、素晴らしいものを見せてもらいました。
薄暮に霞むストリートを、町に向って帰ります。
00013911
バザールはまだ活気づく時間じゃないみたいだけど、山のシルエットが綺麗だ。
00013912
夕暮れのチャオファーグム通り。
00013913
ホテルまでは2キロ弱でしょうか。お腹もすいたし、お酒も飲みたい。
00013915
シーサワンウォン通りの交差点まで来たときは、ほぼ日が暮れました。

このまま、食事、酒、マッサージ、買い物と、こなしちゃいましょう。
00013916

再び、夜のルアンパバーン ~ 伝統マッサージ


いきなり、ラオス焼酎が目に入りましたが、申し訳ない、これは遠慮しておきます(笑)
00013918
露店では、キーホルダーなんかも売っています。お土産にいいですね。
00013919
ルアンパバーンの町を歩きはじめたときから、どこかでマッサージを受けたいと思っていました。

なんせ、安いですから。
足マッサージは1時間で50,000キープ(630円)です。

今日も歩き回って疲れています。

シーサワンウォン通りに面した、一軒のマッサージ屋さんに入りました。
00013922
ジーパンだったのが失敗。なかなかめくりにくい。

施術してくれるのは誰かなぁ・・・と思ってると、美しいラオス人女性が目の前に現れます。
00013920
こんな美しい女性に足マッサージしてもらえるなんて感激です(^^)v

左足から丹念にもんでくれましたが、けっこう痛い・・

女性なのに、すごい指の力です。
00013934

マッサージで、歩き回った疲れが微妙に回復した気分。

そのまま、向かいのレストランに入りました。
00013923
00013924
今夜はグラスではなく、デキャンタで。
00013925
楽しかった、ルアンパバーンの2日間に乾杯です。
00013926
また、ピザですか(笑える)
00013927
でも、酒を飲みながら、というか、酒がメインになるときは、おつまみ的なメインディッシュがいいんだよね。

ピザなら、ちびりちびり食べられるじゃないですか。

デキャンタ、もう1本追加です。ああ、おいしい・・・
00013928
マッサージもしてもらって、おいしい食事にワイン。

幸せな気分でホテルに帰ります。
00013929
夜空には半月が。
00013930
もう、夜の10時近く。露店も仕舞われかけてます。
00013933
夕方、めぼしをつけておいたキーホルダー屋の前にいくと、まだお兄さんが店を開いていて、私のことを覚えていました。

これと、これと、これと・・・6個オーダーすると、本来はばら売りでないのに、ケースに移し替えてくれています。親切なお兄さんでした。

「ハウオールド?」と聞くと、22歳。

ついでに、私の年齢を尋ねると、25歳!!!

おお、びっくり!

外国では、かなり若く見られますが、年齢を半分も若く見積もられたのははじめてです(^^)v
00013921
お土産に仕入れた6つのキーホルダー。こういうのは、本当に思い出になるんです。
全部で、50,000キープだったように覚えています。
00013992
さて、明日は帰国ですね。早起きしないと。

楽しかった、ルアンパバーンの2日間でした。