さて、ベッドの上に寝っ転がって、本日の街散策作戦会議。

このキャンベルハウスのスタッフが、丁寧に街の見どころをマッピングしてくれてますので、これを片手に歩けばいいでしょう。

今いる場所は、チュリア通りの少し南、そして街の西よりのキャンベルハウス。

当初は、レンタサイクルもありかな、と思ったけど、この街は、徒歩で十分なようです。
00010060
ただし、気温は上がっています。熱中症には気をつけないと。
00010059

ホテルの外に出ました。
湿気の多いむっとする暑さ。
00010066
ランニングシャツ1枚で歩きたいところですが、点在するモスクや寺院は、肌を出しすぎると入れないでしょうから、薄手のジャケットを羽織ります。
00010064
ここは、チャイナタウン。
まずは、スタッフのおすすめどおり、東に向かい、アートな壁画でも眺めるとしますか。
00010065
漢字だらけで、もはやマレーシアにいる感じがしません(笑)
00010067
でも、これが華僑の街。
3年前のマラッカを思い出します。
00010069
お、でも、ムスリムも歩いてますね。
この先には、ペナン島最大のモスク カピタン・クリン・モスクがあります。
00010070
ラテン系を思わせる色調。
00010071
これは、思いっきり甘い飲茶ってことですかね。
さっきの飲茶はさっぱりしてて最高だった。
これから、中国圏でお茶を飲むときは、飲茶を候補にしよう。
00010072
いろんなストリートと交差します。
今、私はチュリアストリートと平行して東に歩いています。
00010076
交差点にあった建物。何だろ?
00010075
モスクが見えました。
00010077
マレーシア最大級のモスクらしいですが、威圧感はさほど感じず、小ぎれいなモスクといった感じ。
00010078
当然、靴は脱いで入ります。
00010079
蒸し暑い外部から中に入ると、日陰で風通しもよく気持ちいい。

でも、なんだろ、この冷っとした雰囲気は。

エジプトで、モスクに入ったときも、同じような感じを受けたよな。
タイルが水で冷やされてるってのもあるけど。

そういえば、イスラム教の国に来るのは、すごく久しぶりだ。
00010080
お祈りしてる人の邪魔にならないように、しばし休憩。

ムスリムか?と聞いてきたり、いろいろ作法を私に伝授しようとする人が現れます。

敬虔な人の前で失礼があってはならないので、早々に退散します。
00010081
ミナレットも大きい。やっぱり、マレーシア最大級のモスクなんですね。
00010082
モスクの外に出ました。
また、熱気に体が包まれます。
00010083
トライショーに乗り込もうとするイスラム女性。
00010084
では、カピタン・クリン・モスクにお別れ。
00010085
このモスクのところで、右折、つまり南に折れます。
地図によると、マスジット・カピタン・クリン通りということになっていますが、案内板はどう見ても違う。
ま、いいか・・
00010086
なんか、寺院が見えてきました。
00010087
中国人観光客も集まってきました。
00010088
このへんが、寺院や落書きアートが集まっているエリアのようです。
00010089
観光客も増えました。
00010090
00010091
地図によると、これはヤップ・コンシーという寺院。
00010092
路上駐車の取り締まりは厳しいようですね。タイやロックですか。

向こうで、人が並んでるのは、なんだろう?
00010093
カキ氷?アイス? スイートでした。
00010094
すごい人気です。それに暑いし。
00010096
こちらは、クー・コンシー。
00010095
チケットは、ミャンマーの寺院なんかと同じ、シール型。
00010101
寺院は、少し奥まった位置にありました。
しかし、先客は、たったの2人。
00010100
ペナン島で、もっとも美しい寺院だそうです。
00010102
一度焼失して、再建は1906年とのこと。確かに美しい。
00010104
00010105
振り返ると、崩れそうな屋根を隔ててコムタタワーが。
00010109
寺院を出ようとして、これは何だろ?
00010112
シール型チケットを貼って置いていくんですね。日本のおみくじみたいなもんだ。
私も、貼っておきました。
00010113

寺院を出ました。
ペナン島は食がおいしいことでも知られています。今夜の夕食は何にしようかな。

しかし、でっかいハンバーガーだ。
00010099
また少し億へ。地図によると、あれはアチェ・ストリート・モスク。
00010097
おっと、びっくりした!
一瞬、実物とみがまうほどの精巧なアートです。
00010114
ここにも。
00010115
海が近くなってきたようです。
00010116
けっこう多い交通量。信号もないので、渡るのに要領を要します。
00010117
この先に、同姓一族の橋があるようです。
地図によると、この先は陳一族の橋。
00010118
隣を見てるので、こちらは李一族の橋。
00010119
中国移民の水上部落ですか。
00010120
ペナン島もかなり発展してきているけど、この方々は、どんな生活をしてるんだろう?
00010122
向こう岸に見えるのは、マレー半島、すなわちマレーシア本土の街バタワース。
この海のことを何と呼ぶんだろう? マラッカ海峡、ではない気がするが、広義的にはいいのかな。
00010121
いやあ、対岸バタワースも、開発の勢いを感じますね。
00010123
〇〇水道?を眺める欧米人観光客。
00010125
街のほうに戻ります。
00010127
歩き出して、まだ2時間くらいしかたっていませんが、大汗をかいて脱水症状気味です。
Tigerとあるのは、タイガービールってこと? 昼間っから、ビール飲めるのかな。
00010126
けっこう、至るところにあるTigerのサイン。
ところが、たずねてみると、ビールはなし。夜だったら、でたのかも。
00010128
これは、マーケットの中。
00010130
これはカフェですね。とりあえず、ブラブラ戻りながら、エアコンの効いた喫茶店でも探そう。
00010131
おっと、また壁画。
00010132
00010135
ここまでくると、少し不気味・・・
00010136
それより、もう暑さ限界・・・ どこでもいいや。
00010134
手近なお店の軒下でレッドブルをご馳走になります。
00010138
若い店員と少し話します。
日本人はいっぱい来るか?と聞くと、来ない、との答え。

意外だったので、Why?と聞くと、日本人は、観光バスで回って、個々の店に立ち寄ったりしない、という意味のよう。
なるほど、ごもっともかも。
00010137
やっぱり、街は歩いてこそ。自転車もいいかも。
00010139
これは、ビーチ・ストリートとの交差点。
00010140
通りを行く観光客の姿態を眺めるのも、私にとっては、旅の醍醐味。
イスラム女性が、積極的に観光しています。
00010142
イスラム教の本来は男女平等。でも、女性を護るべく、様々なきまりや掟がある。
しかし、それが、厳しすぎると、かえって、女性をがんじがらめにしてしまうんじゃないかな。

素人的には、そう思います。
00010143
おや、あのポーズは?
00010144
この壁画ですか。
00010145
ほんと、知らない街歩きって楽しい。
00010146
イスラムの女性たちも、自由に行動してます。
00010157
00010149
00010151
アテネの街も落書きだらけだったけど、あれは、落書きだよな。
こっちのは、アートですよ。
00010152
00010153
ふいに、黒い雲が出て陰る空。
00010154
時計は飾り物でなく、ちゃんと動いてるし。
00010155
これは、さっきみたヤップ・コンシー。ここまで、戻ってきましたか。
00010160
クーラーのあるお店を見つけました。もう、駆け込みます。
00010165
こりゃ、天国だ・・・
00010161
オレンジのアイスシェイクをオーダー。よく冷えてるよ。
00010162
グラスを、首にくっつけたりしてクールダウン。
気温は30度前後なんだろうけど、蒸してる分だけ体力が奪われます。

明日もあるし、今日は、無理しないで、プラプラホテルへ戻ろうかな。